包茎治療ここだけの話

包茎って恥ずかしいの?

男の下半身事情が気になっている人がいても、なかなか切り出せないのが実情ではないでしょうか。平均的な大きさや太さなども自己申告であって、実際に測定しているわけではないので、雑誌の裏表紙になるような数字が果たして本当なのか疑問に残ることがあります。その雑誌の記事によく包茎治療をすることを勧める記事が掲載されていますが、これはどういうことなのでしょうか?包茎にも仮性包茎、真性包茎、カントン包茎など様々な種類があり、それが直接私生活に影響を及ぼすかどうかは人それぞれです。ただし、性生活を営む場合や、トイレに行く時などに支障が出るようであれば、手術をしたほうがいいと言えます。痛みや悪臭で苦痛を伴って病気になっては困りますからね。

日本人の半数以上は包茎

これも実際に調査している資料があるわけではないので、正確性に欠けるかもしれませんが、一般的には日本人の半数以上が包茎と言われています。もちろん、手術している人もいるので生まれつきどうかというのも自己申告になりますが。勃起をしてきちんと皮が剥ける上に痛みを伴わないのであれば問題ないと言えます。自分で剥くのにも先っぽが窮屈で痛みを伴ったり、剥いても元に戻すのが苦痛だったりするケースは考えたほうがいいです。余計な皮が亀頭を締め付け、うっ血して紫色に変色している様であれば問題ありです。包茎じゃなかったとしても、歳をとってからやせ細り、皮が余ったりすることから包茎になることもあるので、安心はできません。