包茎は治る!今すぐ読んでおきたい治療法

改善用のアイテムを利用して治療

包茎には大きく3つの種類があるとされます。真性包茎、カントン包茎、そして仮性包茎です。真性包茎は、皮が亀頭部分をすべて覆っている状態で、手でも剥けない状態です。カントン包茎は亀頭は出ているものの、亀頭の首元で皮が締め付けられた状態です。仮性包茎は自分の手で剥ける状態です。仮性包茎は、日常的には大きな問題はないものの、そのままにしていると衛生上は良くないとされます。治療方法としては手術もありますが、改善用のアイテムを利用して治療する方法もあります。リング状のアイテムを皮をむいた状態で亀頭の根元に取付けます。すると皮が被ろうとするのを防げます。その状態を維持すると、アイテムを取り外してもかぶらないようになります。

保険適用のある手術を受けられる

一般的に包茎を改善する手術といえば、美容クリニックなどで行われる治療が知られています。広告などでも出されているので見た人もいるかもしれません。それ以外にも、一般の病院の泌尿器科で手術が受けられます。美容クリニックで治療をするとき、残念ながらどの手術でも保険適用は受けられません。一般の病院の泌尿器科だと、真性包茎とカントン包茎で保険適用での治療が受けられるケースがあります。保険が適用される手術が決められているのでそれを選択する必要がありますが、美容クリニックなどで受けるよりも支払うお金を抑えられます。あまりお金をかけられないのであれば、保険適用が受けられる方法を選択しても良いでしょう。見た目は美容クリニックの方が良くなるようにしてもらえます。